ミクロネシアの食文化/③シーフード

ミクロネシアのシーフード(カニ採り編)

満月の夜、それぞれの家から一輪車と手編みのバスケット、懐中電灯を手にして多くの村人が海岸に近い道に集まってきます。波の音が大きくなり、そろそろ海か、と思った時、足元でかさかさと音がし、見てみると一匹のカニが。そう、今日は産卵日。海に産卵しに来る大量のカニを採りにやってきました。

海沿いの道は見たことのない光景が。足の踏み場のないほど大量のカニが海に向かって歩き、産卵し、家に戻る。道はカニで大渋滞。それを一匹一匹捕まえ一輪車に投げ込む人々。カニは探さなくても山ほどいるため、1、2時間もすれば一輪車は満杯になり、手編みのバスケットも一杯に。そしてたまにお宝のヤシガニを見つける人も。

カニを一輪車へ

カニ採り終了。今日も大漁!!!

翌日以降、食卓はカニ三昧。普通のカニも絶品ですが、ヤシガニは本当に絶品中の絶品。ヤシガニはココナッツしか食べないため、お腹の中もすべて食べることができ、その濃厚さは一度食べればやみつきになります。

カニを調理

こちらは、ヤシガニ!!かなり貴重品☆

焼きヤシガニ

チューク州離島ホークで滞在中の思い出の一つでした!

野村 HIDE

Category: フード
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントをどうぞ

(required)

(optional)

HTML: You may use these tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">